Home > 資産運用 > つみたてNISAとiDeCoどちらが良いの?

つみたてNISAとiDeCoどちらが良いの?

(写真=eamesBt/Shutterstock.com)

2018年1月に登場する「つみたてNISA」は、10月から口座開設の申込受付が始まりました。メディアでも取り上げられていて、注目されています。長期にわたり掛金をコツコツ積み立てるスタイルは、2017年1月の制度改定で話題になったiDeCo(個人型確定拠出年金)と似ています。

つみたてNISAとiDeCoは併用できるため、両方の良いとこ取りをしてお得な資産運用をしたいと考える人もいるでしょう。つみたてNISAとiDeCo、どちらがいいのか、どんなメリットがあるのか、つみたてNISAとiDeCoの特長をおさらいします。

つみたてNISAは厳選された低コスト商品で長期運用

つみたてNISAは、定期的に長期にわたって積み立てる「少額投資非課税制度(NISA)」です。iDeCoと比べる前に、現行のNISAと比較してみましょう。日本在住の20歳以上が対象で、1人につき1口座を開設することができる点は現行のNISAと一緒ですが、このほかの条件が異なります。

つみたてNISA 現行のNISA
対象者 日本在住の20歳以上 日本在住の20歳以上
口座数 1人1口座 1人1口座
非課税投資枠 年間40万円が上限 年間120万円が上限
非課税期間 最長20年間 最長5年間
投資可能期間 2018年~2037年 2014年~2023年

まず、つみたてNISAと現行NISAでは、非課税になる条件がいくつか異なります。投資枠の上限が、現行のNISAは年間120万円なのに対し、つみたてNISAは年間40万円で低くなるほか、非課税期間は現行NISAが最長5年間に対し、つみたてNISAは最長20年間と長くなります。

非課税となる枠組みだけでなく、投資できる商品も異なり、現行NISAでは株式や投資信託へ投資したことによる配当金と譲渡益なのに対し、つみたてNISAは金融庁が長期の資産形成に適していると判断した投資信託のみに限られます。金融庁による『導入直前!「つみたてNISA」の制度説明(2017年9月10日)』を見てみましょう。

・ 販売手数料はゼロ(ノーロード)
・ 信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定
・ 顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること
・ 信託契約期間が無期限または20年以上であること
・ 分配頻度が毎月でないこと
・ ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

手数料や信託報酬などのコストが低く、長期で運用できる商品に制限されるように設定されています。実際、対象商品となるのは6,000本を超える投資信託のうち、わずか114本(2017年10月13日時点)となっています。

iDeCoの良さは、税制優遇の手厚さ

つみたてNISA とiDeCoの仕組みを比べてみます。大きな違いは、つみたてNISAはいつでも資金を引き出すことができるのに対し、iDeCoはあくまでも年金制度なので60歳を超えないと引き出せない点です。

つみたてNISA iDeCo
対象者 日本在住の20歳以上 日本在住の20歳から60歳まで(厚生年金の被保険者は20歳未満も可)
口座数 1人1口座 1人1口座
非課税投資枠 年間40万円が上限 年額14.4万円~81.6万円(対象者によって異なる)
拠出時の課税 課税 所得控除の対象で非課税
口座管理手数料 なし 年間2400円(※)
運用期間 非課税期間は最長20年間 加入時から60歳まで(10年間延長可)
運用商品 長期の投資に適した投資信託など 定期預金、投資信託、保険商品
運用資金の引き出し 可能 60歳まで原則不可

※口座管理手数料は、毎月、国民年金基金連合会へ103円、信託銀行へ64円支払われる

また、掛金を出す際、つみたてNISAは課税されるのに対し、iDeCoは税制優遇されているため所得控除の対象となりますが、iDeCoは国民年金基金連合会と信託銀行へ年間2,400円の口座管理手数料を支払う必要があります。

商品バリエーションについては、前述にあるようにつみたてNISAの場合、金融庁による長期投資に適した要件を満たし、届け出のあったものから選ぶのに対し、iDeCoでは銀行や証券会社といった運用管理機関が選べばよく、自由度合が高くなります。

「つみたてNISA」と「iDeCo」どちらがいいの?

どちらも長期でコツコツ投資するという点は同じですが、iDeCoを生かすのであれば「年金」の特長を押さえ、老後の資金と割り切ることが重要です。つみたてNISAにはない税制優遇や、投資銘柄のスイッチングを活用して、長く運用するのに適しています。一方、つみたてNISAは手軽に低コストで投資を始められる、いつでも引き出せる点を生かした運用に適しています。

投資は、経済的に余裕のある高齢者だけのものといった従来のイメージから、若い現役世代の身近な資産運用へと裾野が広がっています。IFAなどプロのアドバイスを仰げる機会も増えているので、自分に合ったつみたてNISAやiDeCoの組み合わせを聞いてみるのも良いでしょう。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
地方に富裕層が多い理由とは?
年代別にみる投資信託のメリット
ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方
帰省の時に話しておきたい! 「実家の遺産・相続」の話
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由