Home > 資産運用 > > ここまで進んでいる! 人工知能を活用した資産運用とその落とし穴とは?

ここまで進んでいる! 人工知能を活用した資産運用とその落とし穴とは?

落とし穴に落ちそうなサラリーマン(写真=PIXTA)

 アップル社を時価総額で抜き、世界一の企業となった米国のGoogle社。同社は今、多くの利益を人工知能(AI)の開発に投資しているそうです。2016年の3月にグーグルの研究部門が開発したAIが、囲碁の5番勝負で韓国のプロ棋士に4勝1敗で勝利したことが大きな話題となりました。ビックデータとディープラーニングによりAIの能力は急速に向上しています。

 実は、資産運用もAIと無縁ではありません。AIを使ってアセットアロケーションを行うロボットアドバイザーが登場し、米国では顧客を増やしています。

 そこで今回は、人工知能を活用した資産運用とその問題点について考えてみましょう。

資産運用とAIは親和性が高い

 皆さんは「クオンツ運用」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。クオンツとは、Quantitativeという英語の「数量的・定量的」と言う意味の単語から派生した金融用語で、宇宙開発などに用いられる高等数学や数理モデルを取り入れた高度な金融工学を駆使して、数値化された過去の市場動向や企業業績の推移を分析し、予測する運用方法のことです。

 1980年代、NASAでロケット開発に携わったような科学者がウォールストリートに転職し、彼らの数学や物理の知識が活かされるようになったのが始まりで、デリバティブ取引などで用いられてきました。

 クオンツ運用では、大量のデータ処理をコンピュータが行います。そういう意味では、AIによる資産運用に非常に似ています。AIを活用した資産運用と聞くとすごく新しいような印象を受けますが、実は40年以上前から同じようなことは行われてきたのです。

米国では当たり前に

 2016年1月、香港でAIがすべての取引を行うヘッジファンドが組成されました。このファンドを立ち上げたのは、ベン・ゲーツェルというAI研究の第一人者がチーフ・サイエンティストを務めるAidyia社です。このファンドではAIが米国株式を完全自動化された状態で売買していると言います。

 また米国では、資産運用のためのAI「ロボ・アドバイザー」が、個人の資産運用の現場で急速に増えています。運用目的、資産状況、リスク許容度などをオンラインで伝え、それにピッタリ合うポートフォリオを自動生成してくれると言います。また、ゴールドマン・サックス、フィデリティ、チャールズ・シュワブ、ブラックロックなど大手金融会社がすでにAIを導入していることが伝えられるなど、資産運用の現場ではAIの存在が当たり前のようになってきました。

>> 次ページ サブプライムローン問題が示唆したもの