Home > 資産運用 > > IPO銘柄の買い方や、成長性の見極め方

IPO銘柄の買い方や、成長性の見極め方

(写真=zaozaa19/Shutterstock.com)

「ハイリターン」が見込める有望な投資先として注目を集めているのが「IPO銘柄」です。景気回復や株式相場の上昇を受け、上場しようという企業も増加傾向。ではこのIPO銘柄、どうやって買えばいいのでしょうか。注意点や銘柄を選ぶポイントなどをチェックしていきましょう。

一言で表せば、「IPO=期待の新人」

そもそも「IPO銘柄って何のこと?」という方のためにおさらいを。IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開)Offering(売り)」の略語で、それまで未上場だった企業が証券取引所に新規上場し、初めて株式を一般投資家に売り出すことをいいます。

一般投資家から広く資金を集めることができるようになる株式上場は、企業にとっては飛躍のポイント。上場するためにはさまざまな基準をクリアする必要がありますが、そのぶん、「確かな企業である」という保証も得ていることになります。

昔から常に新規上場はあったわけですが、特に最近になって「IPO銘柄」という言葉で、改めて注目を集めるようになったのには訳があります。ひとつは、冒頭に述べたように上場しようという企業自体が増加傾向にあること。その背景として、日本の企業社会自体が、かつてのように安定・盤石のものではなく、新たな商品・サービス・価値を提供することで活力を維持しようという方向へ、シフトチェンジしたことが挙げられます。

IPO株投資の仕方と注意点

通常の株式投資であれば、それまでの値動きをチェックしたり、その企業のニュース、業界の動向などもじっくり見て、値動きを予測しなければなりません。しかし、IPO銘柄ならそんなことをせずとも、最初からある程度の勝率を見込める可能性があるのです(もちろん未上場なので、それまでの値動きなどというもの自体ありませんが)。

IPO銘柄の売り出しにあたっては、すでに上場している同種の企業の株価などを参考に、証券会社が参考価格を設定、これをもとに機関投資家の意見なども聞いて、「公募価格」を決めます。上場は資金調達が目的である以上、株がきちんと売れてくれなくては困るので、通常、公募価格は安めに設定されます。そのため、実際に上場され、市場で売買される際に付く「初値」は、公募価格を上回ることが多いのです。

「株初心者にもおすすめの投資先」と言えるIPO銘柄なのですが、IPO株を買うには、いくつかの手順や注意点があります。

1. 抽選に応募・当選する必要がある。
IPO銘柄を買うには、まず、IPO銘柄を扱っている証券会社に口座を開いたうえで、目当ての銘柄の購入について、抽選に応募する必要があります。IPO銘柄は人気があるため倍率は高く、なかなか当選できないこともあります。ただし、抽選に落選しても特にお金はかからないので、何度でも挑戦できます。

2. どんな企業が株式公開するのかわかりづらい。
株式公開のスケジュールに関しては予め公表されており、投資家はそれを手掛かりに抽選に応募することになります。とはいえ、これから株式公開する企業なのですから、企業の情報自体は、あまり出回っていません。初値が思ったように上がらない企業や、場合によっては、初値が公募価格を下回る「公募割れ」になってしまう企業もあります。

「公募割れ」を回避するには

「IPO銘柄は(比較的)簡単に儲かる」というのが魅力なのですから、「公募割れ」は回避したいところです。もちろん、市場価格はさまざまな要素が複雑に絡んで決まるものなので「絶対」はありませんが、以下のような点が引っ掛かる場合、避けておくのがいいかもしれません。

1. 公募価格が「仮条件」の上限以下
先述のように、「公募価格」は証券会社が提示した参考価格をもとに機関投資家の意見を募り、「これくらいならどう?」という「仮条件」を決め、さらにその範囲内でニーズを調査して決めます。人気のある銘柄なら、公募価格は仮条件で提示された幅の上限になるのが普通。そうでなければ、なにかしら「不人気のタネ」がある可能性あり。

2. 業績が赤字
目論見書をみると、その企業の業績を確認することができます。いくら有望な技術やサービスを持っていたとしても、業績が赤字続きだとしたら、やはり不安要素あり。

3. 新規公開株数が極端に多い
新規公開株数は企業規模によっても違ってきますが、企業規模や業績に対して、明らかに公開株数が多い場合、公開後の「売り」も必然的に増えるため、公募割れのリスクは高くなってしまいます。

4. 「新株発行」よりも「売り出し株」が多い
通常、新規上場する企業は資金調達のために新株を発行します。しかし、新株発行に加えて、すでに発行している既存株主保有の株式(売り出し株)も同時に売り出すことで株式公開する企業もあります。この売り出し株の割合が多い場合、上場後の初値は上がりづらいのが普通です。

とはいえ、通常の株式投資に比べれば「ローリスク」で「ハイリターン」が望める可能性が高いIPO銘柄。是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

>> 資産運用に関する無料セミナーはこちら

【人気記事】
地方に富裕層が多い理由とは?
年代別にみる投資信託のメリット
ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方
帰省の時に話しておきたい! 「実家の遺産・相続」の話
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由