IFAビジネス説明会
Home > 資産運用 > 投資信託・債券 > どんな答えが返ってくる?ロボアドでシミュレーションをしてみた

どんな答えが返ってくる?ロボアドでシミュレーションをしてみた

(写真=Roobcio/Shutterstock.com)

ロボアドバイザー(ロボアド)は、これまで投資をしたことのなかった人(投資初心者?)でも手軽に始めることができる新しい投資のカタチだといえます。アンケートでいくつかの質問に答えることによって、おすすめの投資配分(資産配分)が出てくるロボアド。実際にシミュレーションをして、どのようなものなのかを見てみました。

ロボアドって何?

ロボアドはアンケートに答えることによって、お客さまのリスク許容度に合わせた、最適なポートフォリオ(資産運用プラン)を教えてくれるフィンテックサービスです。ロボアドの中には実際に運用を行ってくれるものもあります。「これから資産運用をしていきたいけれど、どうしたらいいのかわからない」という人にとって、心強い味方となる可能性を秘めています。

同じように、簡単に資産運用ができるものにファンドラップがあります。ファンドラップとの大きな違いは、ロボアドが少額からスタートできるという点です。また、ファンドラップを契約する時には、証券会社の担当者と書面の契約を交わすなどのフローが必要になりますが、ロボアドはインターネット上ですべて完結できるので、サービス時間内であれば、いつでもどこでも手軽に始められるのがポイントでしょう。

ロボアドは2種類ある

一口にロボアドといっても、実はロボアドには「投資一任型」と「投資助言型」の2種類があります。投資一任型は、ロボアドにおまかせをしておけば、ロボアドがお客さまのリスク許容度にあわせた最適なポートフォリオを組んで、自動的に売買をしてくれます。これまで投資をしたことのない人、忙しくて運用商品を調べられない人は、投資一任型を選ぶのがよいでしょう。

投資をしたことのある人や、これまで投資をしたことはないものの自分でやってみたいと言う人は、投資助言型のロボアドを選ぶのがよいでしょう。投資助言型のロボアドは、アンケート結果によって投資先・投資配分をどうしたらよいのかをアドバイスしてくれます。その後自分で投資先や資産配分を自由に入れ替えて、投資を始めることができます。

ロボアドでシミュレーションしてみた

ロボアドは、サービスによって投資信託に投資をするもの、ETF(上場投資信託)に投資をするものなどさまざまです。そこで、どのようなイメージになるのかを「WealthNavi」を活用してシミュレーションをしてみました。「WealthNavi」は海外のETFに投資をするロボアドで、売買などを自動的に行ってくれる投資一任型のロボアドに該当します。実際にアンケートに答えると、シミュレーションは下記のような結果になりました。

● 32歳年収500万円、金融資産300万円のAさんの場合
Aさんは、現在毎月3万円を積み立てしているそうです。資産運用の目的は子どものための資金、株価が下落したときは追加投資を行う、と回答しました。

100万円を最初に投資し、その後毎月3万円を積み立てながら30年間運用した場合のシミュレーションは、元本1,180万円に対し、資産総額は70%の確率で2,141万円以上、50%の確率で2,859万円以上、30%の確率で3,890万円以上になるだろう、という結果が返ってきました。

ポートフォリオの内訳は、米国株が33.7%、日欧株が33.8%、新興国株が14.5%、残りは米国債券、金、不動産いずれも10%未満というものでした。

● 48歳年収1,200万円、金融資産2億5,000万円のBさんの場合
Bさんは中小企業のオーナーです。資産運用は、自分が引退した老後のため、と回答しました。これまでの経験上、株価が下落してもすぐに売らずに我慢して持つほうがトータルリターンは大きいと思い、株価が下落したときには何もしない、と回答しました。

500万円を最初に投資し、その後毎月10万円を10年間運用した場合のシミュレーションは、元本1,700万円に対し、資産総額は70%の確率で1,908万円以上、50%の確率で2,209万円以上、30%の確率で2,587万円以上になるだろう、という結果が返ってきました。

ポートフォリオの内訳は、米国株31.0%、米国債券27.7%、日欧株23.4%、残りは新興国株、金、不動産いずれも10%未満となっています。

2人の例を見ても、それぞれに応じたシミュレーション結果が出ている事がわかります。

あなたもロボアドをはじめてみませんか。

このように、ロボアドは、その人に応じた運用プランを提示してくれる資産運用のサポート役だといえます。これまで投資をはじめようと思っていても考えなければいけないことが多く煩わしいと思っていた人にとって、ロボアドは強い味方になることでしょう。投資をはじめてみたいものの迷っているという人には、ロボアドを使ってシミュレーションをしてみるのも一案です。あなたも今後の資産形成の一助に、ロボアドを検討してみてはいかがでしょうか。

【ご注意等】
・シミュレーション結果は、将来の運用成果等を保証するものではありません。

>>「ロボアド」に関する詳しい情報は、こちら

【人気記事】
地方に富裕層が多い理由とは?
年代別にみる投資信託のメリット
ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方
帰省の時に話しておきたい! 「実家の遺産・相続」の話
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由