IFAビジネス説明会
Home > 資産運用 > 投資信託・債券 > 改めて考えてみよう!ETF(上場投資信託)と投資信託の違いとは

改めて考えてみよう!ETF(上場投資信託)と投資信託の違いとは

(写真=Wright Studio/Shutterstock.com)

近年、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」や個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」、ロボアドバイザーなど、1万円未満でも投資を始められる制度やサービスが増え、認知度も上がってきています。そのような制度やサービスの中でよく耳にするのが、投資信託とETF(上場投資信託)です。これらはどのような商品なのでしょうか。

ETF(上場投資信託)とは

まず、ETF(Exchange Traded Fund)について確認しましょう。ETFは日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数に連動することを目標に運用される投資信託の一種です。債券や商品などの指数に連動するものもあります。

ETFは証券取引所に上場しているので、個別株などと同様、個人で自由に売買することができます。指値、成行のいずれの発注も可能です。手軽に取引ができることがポイントだといえるでしょう。また、取引時にかかる売買手数料は株式と同様の扱いとなるため、投資信託の売買手数料よりも割安なのもメリットです。株式に配当金があるように、ETFにも分配金があり、銘柄によって年に何度か受け取ることができる場合もあります。

手軽に取引はできるものの、ETFは株式と同様の取引手法であることには注意が必要です。投資信託は1日1回価額(基準価額)が提示されますが、ETFは株式と同様、常に価格が動いていることには注意しておきましょう。また、ETFは投資信託と同じように、運用中に信託報酬(運営管理費用)がかかります。

ETFはアクティブ運用?パッシブ運用?

投資信託を検討する時、アクティブ運用なのかパッシブ運用なのかをチェックしてから購入する人もいることでしょう。アクティブ運用はインデックスとなる対象を上回るようにファンドマネージャーが銘柄選定をし、運用を行います。ファンドマネージャーによる銘柄の分析や選定で運用されるので、ファンドマネージャーのセンスが問われることもあり、信託報酬は割高になる傾向があります。

一方で、パッシブ運用ではインデックスとなる指数と同じような値動きをすることを目標としています。ファンドマネージャーの手腕はさほど問われず、機械的に運用できることから、信託報酬が割安になるのが特徴です。

それではETFはどのような位置づけになるのでしょうか。上述したとおり、ETFは決められた指数に連動することを目的にしているため、信託報酬が割安になります。そのため、パッシブ運用をしていると捉えていいでしょう。

ETFと投資信託、パッシブ運用ならどちらを選ぶ?

それでは、パッシブ運用のETFと、パッシブ運用の投資信託なら、どちらを選ぶのがよいのでしょうか。

こまめに売買をしていきたい人や、自分である程度投資判断ができる人はETFを活用し、資産形成を行うのが一案です。値動きを見ていなかったために思った以上に評価が下がる場合もあるかもしれませんが、信託報酬をはじめとした運用コストを抑えた運用が可能になります。

一方で、刻々変わる値動きを見る余裕がない人や、運用をお任せしたいという人は投資信託を活用するのがよいでしょう。ただし、投資信託は購入する時に基準価額が分かりません。運用会社が当日の夜か翌日に最新の基準価額を公表することには留意しておきましょう。

ただし、投資信託にはETFとは異なり分配金を自動で再投資する仕組みがあります(商品により異なる)。そのため、分配金を受け取らなくてもよいという人には、分配金を投資元本に組み込んで増やすことができるので魅力的だと考えられるでしょう。

ETFや投資信託を活用し、将来に向けた資産形成を

このように、ETFと投資信託は一長一短で利点と注意点があります。それぞれの利点・注意点を意識して銘柄選びをするのがよいでしょう。貯蓄から資産形成の流れの中で、今後ETFや投資信託について考える機会が増えていくかもしれません。その時に、自分はどちらで運用するのがよいかをよく考えて選択しましょう。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
年代別にみる投資信託のメリット
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由
オフショア投資で資産は守れる? 策がなくなりつつある租税回避
今話題のESG投資。今年度は日本でも本格導入が進む?
人気はどこまで続く?IPO投資への参加方法にはどんな種類があるの?