IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > 資産運用の悩みをIFAに相談するメリットとは?

資産運用の悩みをIFAに相談するメリットとは?

(写真=fizkes/Shutterstock.com)

これまでに経験のない初心者の人が将来のために資産運用を始めようと思っても、多様な金融商品の中から資産規模や目標、ライフスタイルといった自分の条件に最適な商品を選ぶことは難しいものです。相談できる身近なプロとして証券会社の営業担当者が思い浮かびますが、会社都合の商品を勧められるのではないかと不安な人もいるのではないでしょうか。

インターネット上で利用できる様々なサービスが登場し、資産運用が一般の人々にもより身近になるなか、昨今は中立的な立場から資産運用の相談に応えてくれるIFAという専門職が注目を集めています。

IFAとはどんな存在?

IFAは「Independent Financial Advisor」の略語で、「独立系ファイナンシャル・アドバイザー」とも訳されることがあります。

証券会社と業務委託契約を結び、顧客の商品購入を仲介する一方で、そうした会社の方針や目標から独立しているため、顧客の相談に対して中立的な立場で金融商品を提案することができるのが強みです。IFAが取り扱う金融商品は委託契約を結ぶ証券会社により異なり、保険商品を扱うIFAも多くいるのが特徴です。

収入については、証券会社からの手数料を当てるほか、顧客からフィーを受け取っているケースもあります。

IFAが中立的な立場であるメリット

IFAは特定の証券会社に所属する社員ではないことから、中立的な立場で金融商品や資産運用の方法を提案することができます。証券会社の営業担当者の場合、会社の方針やノルマのために特定の商品を重点的に販売したり、手数料の売り上げを増やすために短期売買を勧めたりするケースも起きる可能性も考えられます。

証券会社の高いノルマは、時に顧客の利益に反する場合もあります。実際に高い手数料や金融商品のリスクについての説明不足などが取り沙汰されることも少なくありません。しかし、証券会社の方針や営業政策から独立しているIFAには、そのようなノルマはありません。

証券会社からの手数料報酬が収入源になり、顧客の満足度を高めることが自らの収益アップにつながるIFAは、顧客のメリットを最大限に広げる提案を行うインセンティブを持っていると言えます。IFAが顧客と長期的な関係を築く傾向が強く、顧客本位になって運用アドバイスを与えてくれる背景には、こうした仕組みがあります。

IFAは投資初心者でも相談しやすい

大手証券会社の立場になって考えれば、少額から資産運用を始めたいという初心者よりも、数千万円単位で資金を運用する富裕層が重要な顧客であると考えるのが自然ではないでしょうか。金額の多寡で顧客を優先せず、資産運用をアドバイスしてくれるIFAは相談相手としては心強い存在です。

一口に投資、資産運用と言っても目的や資金、将来設計、投資対象の好みなどそれぞれ条件が異なります。こうした一人一人の顧客の条件に合わせ、きめ細やかなメニューを提案してくれるのもIFAを利用するメリットと言えます。

IFAは生涯にわたって相談できるパートナー

長い人生を支える資産運用のアドバイザーとしてIFAを選ぶメリットとしては、長期的な付き合いができる点も挙げられます。人事異動や転勤がある証券会社の営業担当者とは異なり、IFAは長期的な視点で相談に応え、顧客の生涯を通じた資産運用のアドバイザーになり得る存在です。

また、結婚や出産、住宅の購入や子どもの進学など様々なライフイベントにおいて、セカンドオピニオンを受ける際の良い相談相手にもなってくれます。保険会社や金融機関の担当者に相談するだけでなく、IFAにも話を聞くことで中立的な立場からのアドバイスを得ることができるのです。
長い人生を支える資産運用には、長期的な関係が築けて、信頼・安心できるパートナーが必要です。中立的で顧客本位のIFAは、頼れる相談役になってくれるのではないでしょうか。

>> 資産運用に関する無料セミナーはこちら

<PR>SBI証券本社にてIFAビジネス説明会を開催!
 

【人気記事】
地方に富裕層が多い理由とは?
年代別にみる投資信託のメリット
ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方
帰省の時に話しておきたい! 「実家の遺産・相続」の話
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由