IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > お金のプロフェッショナル IFAとの出会いはどこにある?

お金のプロフェッショナル IFAとの出会いはどこにある?

(写真=kan_chana/Shutterstock.com)

お金を殖やしたい人も守りたい人も、できれば手間や苦労は最小限にとどめたいと考えるものです。現実問題として、自分自身で情報を取捨選択して最善の方法を判断していくのは、自由に使える時間がたっぷりある人でもない限り、至難の業。そのような状況にあって、お金のプロフェッショナルに助けを求めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

一生のお付き合いはもちろん、世代を超えたお付き合いも視野に入れた良きアドバイザーとの出会いには、いくつかのコツがあるようです。

待っていても見つからない、自分に合ったIFA探し

「就活」をはじめとする「○活」という言葉は、今や数えきれないほど派生していますが、目標を成し遂げるためには、ただ機が熟すのを待つだけではなく、自分から最初の一歩を踏み出さなければならないことの裏付けともいえるでしょう。

たとえば、資産や財産を殖やしたいと考えているのであれば、自分自身で情報収集と勉強をコンスタントに続け、より良い選択を自らの判断で行なっていくのが理想です。しかし現実には、自由に使える時間の限界に直面する人も少なくありません。

そういった場合には、プロフェッショナルの力を借りて適切なアドバイスやサポートを受けることで、目標へ近づくことができます。お金にまつわる分野には実にさまざまなスペシャリストがいますが、IFAは金融商品を扱うスペシャリストの中でも、従来の証券パーソンと違い証券会社から独立した公平中立な立場で、私たちの資産形成に力を貸してくれる存在です。

ここ数年、IFAの存在意義やその必要性は広く知られるようになり、実際にIFAへの相談を検討している人もいるのではないでしょうか。しかし、どこへ問い合わせたら良いのか、どんなIFAに相談したら良いのか分かりにくい一面もあります。

IFA探しは「大きく把握してから絞り込む」

すでに証券会社で口座を持っている人や、IFAとやりとりをしている人が身近にいるようであれば、「IFAに相談したいので紹介してほしい」と依頼することをおすすめします。紹介するほうもされるほうも責任が伴うため誠実に対応してくれるはずです。相談相手のIFAは「人づて」が最も手堅い方法といえるかもしれません。

とはいえ、そのような尋ね先がすぐに見つからない場合も多く、たいていはインターネットでIFAをキーワードに検索するところから始まります。たとえば、IFAonlineでは「IFA一覧」にSBI証券がおすすめするIFAを一覧で掲載しているので、さまざまなタイプのIFAが発信するメッセージを簡単にチェックできます。それぞれのIFAが対象とする地域やIFAとしての考え方に共感できるかなどを比較して絞り込み、その人がブログやSNSなどで情報を発信していれば、内容を読んで吟味してみましょう。

また、書籍を出版しているIFAもいるので、書店の金融関連のコーナーで資産運用や資産形成に関する本を探してIFAを見つけるのも良いでしょう。図解や深い考察など、書籍ならではの良さを通して自分に合ったIFAに出会えることもあります。

セミナーを開催しているIFAであれば、直近のセミナー情報をチェックして、実際に足を運んで話を聞くのも良いですし、最近ではセミナーを動画コンテンツで発信しているIFAもいるので、遠方に住んでいても距離や時間に関係なく情報を収集できます。

最終的な決め手は「相性」、その見極めは?

IFAは、銀行や証券会社といった「ブランド」を身にまとっていない分、IFA自身の人間力から「合う」「合わない」を決めることもできます。ブログやSNSに書かれた内容に共感したり、セミナーでの印象が良かったりすれば、メールや電話でコンタクトを取り、できるだけ実際に会って話をしてみます。

相性の良いIFAとは、これまでの実績や現時点での知識量を比較することも重要ですが、「相談しやすく」「真摯に向き合ってくれる」かどうかを実際に会って見極めることも大切です。車や家の購入とは違い、資産の運用や形成は長期的に行うものですから、アドバイスやサポートをしてくれる相手も長い目で見て付き合いやすいパートナーを選ぶことを心がけるのがコツです。

自分に合ったIFAを探したいと思っている人がいる一方、IFAも長く付き合ってもらえるクライアントに出会いたいと考えて情報を発信しています。まずは、そういった情報をキャッチして自ら出会いに行くことからはじめてみましょう。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
地方に富裕層が多い理由とは?
年代別にみる投資信託のメリット
ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方
帰省の時に話しておきたい! 「実家の遺産・相続」の話
IFAに資産運用の相談をするといい3つの理由