IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > マネードクターとしても信頼できる投資アドバイザー、それがIFA

マネードクターとしても信頼できる投資アドバイザー、それがIFA

(写真=ESB Professional/Shutterstock.com)

資産を運用しようと思ったら、まずは証券会社や銀行に相談に行こうと考える人が多いでしょう。しかし、金融機関の担当者が本当に自分にとって有利な提案をしてくれるのか、心配ではありませんか。もし、中立な立場の人(会社)に満足いくまで相談をしたいと考えるならば、IFAの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

IFAへの相談で何ができる?何が解決できる?

IFAはIndependent Financial Advisorの略語です。独立系ファイナンシャル・アドバイザーとも呼ばれています。銀行や証券会社にいる資産運用アドバイザーとIFAの一番の違いは文字通り「会社にしばられていない」という点です。証券会社や銀行のアドバイザーの場合、どうしても会社の営業方針に従ってアドバイスをしなければならない場面があるかもしれません。その点、IFAはどの金融機関にも属さずに中立な立場で、客観的なアドバイスをすることができます。

また、IFAは証券会社と業務委託契約を結んで業務を行っているため、アドバイスだけではなく、売買のサポートまで行うことができます。加えて、IFAは業務委託契約を結んでいる金融機関の豊富な情報を利用することもできるため、情報をいち早く入手することが可能です。これらもまた、IFAの強みと言えるでしょう。

IFAがマネードクターといわれる理由とは?

誰でも病気の時は医師にかかります。それと同じように資産運用のことで困った時はIFAに相談してみてはいかがでしょう。IFAは「マネードクター」ともいわれています。それは、かかりつけ医のように長いお付き合いができるからです。

金融機関でも担当者がいると運用相談をすることはできるでしょう。しかし、転勤があって担当が数年おきに変わるということも珍しくありません。

独立して業務を行うIFAなら転勤や異動がないため、ずっと同じ人に相談することが可能です。担当者が変わるたびに自分の運用方針や資産状況を一から説明する手間も不要です。

結婚・子どもの誕生・転職そして定年退職から年金生活に至るまで、私たちのマネープランはその時々で変化します。場合によっては、運用の方針を変更しなければいけない時もあるでしょう。しかし、IFAに相談することで、長期間にわたるサポートが期待できます。家族のライフプランを把握した的確なアドバイスがもらえるでしょう。

IFAはマネードクター、だからこそなんでも話せる存在

IFAの仕事は、現在の株式や投資信託の売買だけではありません。あくまで顧客のライフプランに沿って数年後、数十年後の資産がプラスになるように考えています。
IFAを利用することにより、目先の利益だけではなく未来に向けての資産作りが期待できます。売買をするより前に運用に期待すること、不安に思うことを相談してみましょう。自分のライフプランや現状を伝えた上で商品をすすめてもらえるため、運用を始めてから後悔することも少なくなるかもしれません。

今後は、個人が商品ごとに金融機関を選び売買する時代から、資産全体の管理と運用をIFAに相談する時代へ変化することが予測されます。今のうちにIFAとはどういうものかを知り、そして活用方法についても考えてみてはいかがでしょうか。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
IFAになるには?証券会社選びなど3つのポイント!
投資家必見! 信頼できるIFAの選び方
独立系ファイナンシャルアドバイザーIFAに注目
2018年現在のIFAの人数は? 浸透度は?
IFAに不動産の相談までできるってホント?