IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > IFAは富裕層しか相手にしないというのは大きな誤解って本当!?

IFAは富裕層しか相手にしないというのは大きな誤解って本当!?

(写真=Amilao/Shutterstock.com)

資産運用のアドバイザリーは富裕層にしか関係ないと思っていませんか。資産運用のアドバイザリーに資産の額は関係ありません。どんな人も「自分のお金のこと」「将来のライフプランのこと」「家族との暮らしのこと」は気になりますし、不安を抱えることもあるでしょう。これから資産運用・資産形成を考えているすべての人にとって、アドバイスをしてくれる存在は心強いものです。

今回は一般の方向けに、資産運用のアドバイザリー、IFAの活用方法を、実例を交えて紹介します。

IFAができるのは投資のアドバイスだけではない

IFAは独立系のファイナンシャル・アドバイザーとも呼ばれ、金融機関から独立し、中立の立場から資産運用のアドバイスをしてくれる人のことをいいます。そのため、IFAを利用する人は富裕層というイメージがあるかもしれません。これは、資産運用に多額の資金が必要なイメージが強いということも理由のひとつです。

確かに、IFA利用者の中には富裕層と呼ばれる人たちが一定数いるのは事実です。だからといって、IFAは富裕層限定のアドバイザリーだというわけではありません。富裕層とそのほかの一般的な貯蓄・給与で暮らしている層では、そもそもIFAの活用方法やIFAからの提案内容が変わってくるかもしれません。

富裕層がIFAに期待しているのは、いかにして自分の資産を「減らさず」に次世代に引き継ぐことができるかです。例えば、富裕層の資産を受け継いだ次世代が、

・莫大な相続税によって苦しむ
・資産をうまく活用できず生活水準を維持することができない

というようなことがないよう資産運用のアドバイスを行うのもIFAの仕事のひとつといえるでしょう。

もちろん、「自分は富裕層ではないけれど」という人でもIFAは活用できます。IFAはFP(ファイナンシャルプランナー)を兼務している場合も多く、投資はもとより、保険、住宅ローン、不動産の活用など、強みとしている専門分野が幅広く、さまざまな分野の相談が可能です。例えば、下記のような相談も対象です。

・ライフプランに沿った資産運用にはどのようなものがあるのか
・老後の資金をどう貯めればよいのか
・毎月の収支をプラスにするためにどのようにしたらよいか

IFAに家計の問題解決に向けた具体的な方法を相談してみてもよいでしょう。毎月の収入は平均以上あるのに、なぜか貯蓄に回らず赤字が出てしまうという家庭でも、IFAにさまざまな切り口から家計を見直してもらうことで、収支が好転するかもしれません。

IFAは限られた人のみが利用すると思われがちですが、実はとても身近な存在です。IFAの親身なアドバイスは、将来への不安を払拭することにもつながるでしょう。

資産運用は大きな資産を持つ人だけの特権ではない

資産運用や資産形成は富裕層がするもの、と考える人もいるかもしれません。しかし、資産形成は少額からでもはじめることができます。

例えば、ドルコスト平均法による長期間の少額投資は、投資に慣れていない人にとって強い味方になるはずです。現在の金融資産が少ない場合でも、毎月少しずつ積み立てていくことで10年後、20年後には大きなまとまった資産にしていくことも可能です。中には毎月数百円から積み立てられる金融商品もあります。

これまで投資を経験したことのない人でも、金融のプロであるIFAのアドバイスがあれば、安心して積立投資をはじめることができるのではないでしょうか。

IFAは相続で困ったときにも強い味方になる

顧客に寄り添い、親身かつ的確なアドバイスをくれるIFAは、急な遺産相続時にも力になってくれます。下記ではIFAの活用事例を紹介します。

【事例】
配偶者を急に亡くしてしまった68歳の女性Aさんは、夫の遺産を子どもたちに分配し相続させようと考えていました。子どもに相続させたい遺産は有価証券と不動産、そして預貯金です。相続に関する悩みをどこに相談するか考えた結果、Aさんは相続に詳しいIFAを頼ります。

相続についての相談は弁護士や税理士、司法書士といった法律・税務のプロにも相談できます。しかし、「その資産が今後どのような価値を持つのか」「不動産は現金化するべきか、活用するべきか」といったアドバイスまではしてくれません。弁護士や司法書士は、現在の遺産にどれだけの価値があり、相続税はいくら掛かるのか、相続の手続きや遺産分割方法といった部分のみしか扱っていないケースも多いのです。

そのため、「今ある遺産をさらに運用したい」「現在の額面で均等に分配するのではなく将来性も加味した遺産分割にしたい」といった場合には、法律のプロではなく金融のプロであるIFAへ相談するのがおすすめです。

IFAは身近な存在!家計の見直し、少額積立投資、相続の相談も対応

「老後の資金に不安が残る」「少額からでも積み立てて賢く資産形成をしたい」「急な相続で得た資産の運用方法に困っている」など、家計にまつわる悩みはさまざまでしょう。このような悩みは、懇切丁寧に対応してくれるIFAに相談してみましょう。リスク性商品だけではなく、保険や相続にも精通しているIFAは、富裕層だけの味方ではありません。金融機関に属さないIFAは、資産額に関係なく顧客一人ひとりを大切にしてくれます。お金に関する「困った!」が発生した際には、気負わず気軽にIFAに相談してみてはいかがでしょうか。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
IFAになるには?証券会社選びなど3つのポイント!
投資家必見! 信頼できるIFAの選び方
独立系ファイナンシャルアドバイザーIFAに注目
2018年現在のIFAの人数は? 浸透度は?
IFAに不動産の相談までできるってホント?