IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > IFAとファイナンシャル・プランナー、プライベートバンカー、何が違う?

IFAとファイナンシャル・プランナー、プライベートバンカー、何が違う?

(写真=PIXTA)

独立系ファイナンシャル・アドバイザー(IFA)、ファイナンシャル・プランナー(FP)、プライベートバンカー(PB)。この3つの仕事内容を皆さんは答えることができるでしょうか?いずれも資産運用の専門家であることは間違いありません。

しかしながら、実際には大きく異なる部分があります。一体何が違うのでしょうか。また、相談内容によって使い分けをするほうが良い場合もあります。どのような場面でそれぞれ相談すべきでしょうか?今回はIFA、FP、PBの違いについて解説していきます。

3つの違いは領域、対象者にある

IFA、FP、PBの違いは、その専門領域と対象となる人にあります。IFAは、独立系ファイナンシャル・アドバイザーのことで、資産運用の専門家です。金融機関から独立しているので、常に中立な立場から専門的な知識をもとに投資家のニーズに合わせながらアドバイスを行います。IFAは保険、不動産、事業承継、相続などそれぞれが独自の強みを持っています。

FPはお金に関する包括的な専門家です。顧客のニーズや夢をかなえるために、総合的なマネープラン、ライフプランを構築し、アドバイスを行います。FPは資産運用に限らず、家計の見直しや保険の加入・見直しの相談、教育資金・老後資金計画など幅広い領域を取り扱います。逆に言えば、取り扱う領域が広い分、必ずしも専門性が高いFPばかりとは限りません。

PBは、富裕層顧客や企業経営者を主に相手とし、資産運用相談のほか、相続・事業承継や業容拡大のためのM&A相談など経営者ならではの相談にのります。資産額などによってハードルがあるのが特徴です。

このように、資産運用というキーワードは共通していますが、取り扱う領域や対象者が異なります。IFAやFPは幅広い顧客を対象とするのに対して、PBが取り扱う層の範囲はある程度限定されます。また、FPは資産運用以外の範囲も大きく取り扱うのに対して、PBやIFAは資産運用部分の範囲が大きく、特にIFAは資産運用に強く、誰でも相談にのりやすい専門家といえます。

このほか、IFAは金融機関出身者も多いことから、FP相談も兼ねて行うことができる場合があります。相談相手を探すときの参考にするとよいでしょう。

IFAは資産運用のプロ!

IFA、FP、PBの違いについて解説しました。相談する目的や内容、金融資産の種類や金額などによって相談すべき専門家が異なることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

幅広い層を相手とし、資産運用、資産形成を相談するのであれば、IFAに相談してみましょう。まだまだ世間では認知度が低いIFAですが、実はお金に関するさまざまな相談ができます。

FPに相談する場合には、その専門領域を調べ、ご自身が相談したい内容とマッチした回答を得られそうかホームページなどで一つひとつ調べなければなりません。それに対して、IFAは資産運用のプロですから、資産運用のことなら幅広く相談に応じてくれます。

しかも、IFAは富裕層に限らず幅広い層の相談にも乗ることから、顧客の状況を考慮し、最良・最適となるアドバイスをしてくれることでしょう。決して販売目的ではなく、経済情勢や家族環境、資産状況から勘案してくれます。場合によっては、今は運用せず現預金で持っておくべき……そうしたアドバイスもできるのがIFAなのです。

IFAのプレゼンスは今後日本でも向上するだろう

日本におけるIFAの知名度は低くても、米国ではIFAの存在は一般層にも広く浸透しています。貯蓄から資産形成へと舵を切る中で、日本でもIFAのニーズは増えています。米国のように、広く知れ渡る職業となる可能性も大いにあります。

誰に相談していいかわからない、資産運用中心に相談しつつほかのこともいろいろ聞いてみたい、資産運用に特化した相談を受けたい……そうご希望される方は、ぜひIFAに相談してみてはいかがでしょうか。

>>SBI証券のIFAセミナーに参加してみる

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
IFAになるには?証券会社選びなど3つのポイント!
投資家必見! 信頼できるIFAの選び方
独立系ファイナンシャルアドバイザーIFAに注目
2018年現在のIFAの人数は? 浸透度は?
IFAに不動産の相談までできるってホント?