IFAビジネス説明会
Home > IFAとは > 未来の生活が変わる?資産運用を相談する時に確認したい5つのこと

未来の生活が変わる?資産運用を相談する時に確認したい5つのこと

(画像=PIXTA)

人生100年時代と言われる今、自分の老後資産は足りるのかと不安になるのではないでしょうか。また、自分に万一のことがあった場合に遺される親族が「争続」にならないように配慮する必要があります。では、資産管理を相談するうえで大事なのはどんな相手でしょうか。相談相手になるべき人に聞いておきたい5つのポイントを説明します。

まずはご自身の資産、負債状況を確認する

資産運用相談相手といえば、金融機関のアドバイザー、ファイナンシャル・プランナー、プライベートバンカー、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)などプロの金融パーソンが多くいます。彼らは自分達の強みを活かして投資家に対して資産運用の提案を行っています。全国にはたくさんの金融機関があり、金融パーソンも多く在籍しています。その中から相性のよい相手を選ぶのは並大抵のことではありません。

資産運用の相談をする際には、自分の収支状況や金融資産全体の状況を説明し、将来希望する目的を伝えてアドバイスをもらうことになりますが、初めて相談する相手に対して自分の金融資産全体の状況を開示するのは気が重いと感じる人もいるはずです。

そのため、まずはお金のことを相談できる信頼のおける相手かどうかをよく確認するのがよいでしょう。セミナーや無料相談会での様子を見るのも一案です。この人なら安心出来るという相手かどうかをよく検討しましょう。

家族の詳細情報を把握する

次に、家族の状況について意向も含めて説明できるようにしておきましょう。子どもがまだ幼い場合には教育資金設計も考える必要がありますし、子どもが社会人になり、お金の面で負担が減っているのであれば、自身の老後資金設計を考慮したいところです。

つまり、家族の状況により何を優先し資産形成を行うべきなのか変わるのです。子どもの大学進学時期、住宅ローンの返済プランなどを把握しておくと、いつまでにいくら必要なのか彼らも理解することができるので、状況に応じたフォローが出来るようになります。

運用期間をどの程度にするか考える

次に、運用期間をどうするかを考慮する必要があります。例えば、65歳まで後何年あるか考えればよいのです。子どもの大学進学に向けた資金であれば、何年後がゴールになるのか分かります。資産運用はゴールが大切です。予めいつまでにいくら必要なのかを押さえておくと相談事も進みやすいといえます。

目標額をどうするか決めておく

また、運用資金と目標額もある程度考えておきましょう。今ある1,000万円を1,200万円にしたいのか、300万円を500万円にしたいのかではまったく運用方法が変わってきます。また、今後貯まっていく資金をもとに運用するのであれば、その金額がどのぐらいになるのか、そしてその金額をもとにどうしたいのかを想定しておくと話がスムーズになります。

どんな運用を望むのか考えておく

最後に、運用の仕方について希望があれば考えておきます。あまり無茶な運用はしたくないとか、積極的に運用したいとか希望を伝えられるようにします。その際に、運用期間と目標額をもとに運用方法も検討します。

ある程度安定した運用を検討する場合には年率1%から3%に目標を、積極的な運用を検討する場合は年率5%から7%を目安にするなど、運用目標を定めるのがよいでしょう。もちろん、IFAに「何%目標にしたらよいかわからないけど、積極的に運用したい」といった相談をしてみてもよいでしょう。どのような回答が返ってくるのかで、その人が信頼出来る相手なのかどうか分かります。

このほか、国内の資産で運用をしたいのか、海外の資産にも興味があるのかも伝えられると運用の選択肢を決められます。積極的なリターンを目指したい場合には、株式や外国の資産も運用対象に入れてみたいと伝えてみましょう。

IFAに希望が伝わるようにすべき

要は、相談時にIFAに希望が伝わるようにすればよいのです。また、わからないことはメモに箇条書きにしておくなど質問できる体制にしておくほか、事前に聞きたいことを伝えておくと相談しやすいでしょう。ほんのささいなことでも構いません。IFAは親身に相談にのってくれます。ご自身の状況と考え方、どうしたいかといったニーズをうまく伝えられるように、事前の準備を行うことが大切です。

>>SBI証券のIFAセミナーに参加してみる

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
IFAになるには?証券会社選びなど3つのポイント!
投資家必見! 信頼できるIFAの選び方
独立系ファイナンシャルアドバイザーIFAに注目
2018年現在のIFAの人数は? 浸透度は?
IFAに不動産の相談までできるってホント?