Home > マネーの基本 > あなたはどこに入る? 富裕層がますます増加中

あなたはどこに入る? 富裕層がますます増加中

(写真=Roman Kosolapov/Shutterstock.com)

野村総合研究所(NRI)が行った「純資産調査 2015年(各種統計などから資産保有額を推計)」によると、純金融資産の保有額が1億円以上の「富裕層」が、最多の121万7,000世帯となり、2013年から21%増加したそうです。続々と富裕層が増えている背景と、彼らの今後の動きを追ってみたいと思います。

資産がどれだけあれば「富裕層」と言えるのか?

富裕層と一口に言っても、その資産額にはかなりの幅があります。NRIによる今回の調査では、預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険などの「純金融資産保有額」をもとにして国内の世帯全体を5つの階層に分類しました。


(純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数(野村総研))

純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の「富裕層」と5億円以上の「超富裕層」を合わせた富裕層は、121万7,000世帯で全世帯にみる割合は2.3%とわずかです。5,000万円以上1億円未満の「準富裕層」は314万9,000世帯(約6%)、それに続く3,000万円以上5,000万円未満の「アッパーマス層」は680万8,000世帯(約13%)、3,000万円未満の「マス層」が4,173万世帯(約79%)を占めるかたちで国内の総世帯が構成されています。

2013年の調査結果と比べ、超富裕層は35.2%、富裕層は20%増加しているということですが、この背景には安倍政権下での経済政策の効果があるようです。それまでの保有資産額から富裕層および準富裕層にいた人々が、アベノミクスによる株価上昇で保有資産を増やし、超富裕層と富裕層へスライドしたと考えられています。

>>(次ページ)富裕層のお金は今後どこへ?