Home > マネーの基本 > IFA利用の基礎知識!ネット証券会社でも対面窓口が利用できる?

IFA利用の基礎知識!ネット証券会社でも対面窓口が利用できる?

ネット証券
(写真=PIXTA)

 インターネット経由で株式や債券の売買などすべての取引が完結するネット証券が増えています。時間や場所を問わず、スマートフォンやモバイルPCを使って外出先でも簡単に取引ができることから、若い世代を中心に多くの人が利用しています。いわゆる対面型の証券会社と違い店舗を持たず営業マンもいないので、人件費などがかからない分、手数料が安いことが最大の特長とされています。

 ところが、そのネット証券にも対面窓口があることをご存じでしょうか?今回は、ネット証券での対面窓口の利用の仕方についてご説明しましょう。

IFAとネット証券が提携する理由は?

 最近人気を高めているのが、特定の金融機関には属さない独立系金融アドバイザーの「IFA」です。資産運用に積極的な欧米では、長期間にわたり富裕層の資産運用を行う「水先案内人」としてよく知られた存在です。そのIFAと業務委託契約を結ぶネット証券が、最近どんどん増えているのです。なぜネット証券はIFAと提携し始めているのでしょうか?

 ネット証券は手数料を安くして顧客を獲得してきました。その際、投資家が株式を売買するのに必要な市場分析、マクロ経済の動向、市況などの情報を豊富に揃えることで、従来の対面営業が顧客に提供していたサービスを補完してきました。しかし顧客の中には、ネット証券が用意した豊富な情報も使いこなせていないケースもあり、「専門家と直接相談しながら金融商品を購入したい」という声や「投資の専門家にいろいろ教わりたい」という声が出るようになりました。そうした顧客ニーズに応えるために、多くのネット証券がIFAと提携を深めるようになったのです。

>> 次ページ ネット証券の販売チャネルで考える