Home > マネーの基本 > 地方に富裕層が多い理由とは?

地方に富裕層が多い理由とは?

上空から見た神奈川県
(写真=PIXTA)

 富裕層とは、金融純資産を1億円以上保有する世帯と定義されていますが、そのうちの約4割は、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住んでいます。

 中でも富裕層の人口比がいちばん高いのは、神奈川県です。東京都でないことに、違和感を覚える方も多いかと思いますが、トータル人口で見てみると東京都に住む富裕層の数は、10万人以上も神奈川県より多くなっています。

 しかし、これが1世帯あたりの預貯金額のランキングとなると地方の県が上位に挙がってきます。このように日本の地方都市には、どうやら富裕層がたくさん住んでいるようです。その背景を探ってみました。

>>次ページ 都道府県別の預貯金額ランキングを確認する