Home > マネーの基本 > 投資をする人物像を年齢別に平均化したら……

投資をする人物像を年齢別に平均化したら……

age
(写真=PIXTA)

 最適な投資方法には、現在のライフステージを把握し、これからのライフプランを見据えることが必要です。指標がなければ、まったくの更地からイメージだけを頼りに家を建てるようなものでしょう。モデルハウスを見て回り、理想の住まいを具現化するのと同様、投資する人物像を知ることが役に立ちます。ここでは、年代別に大きく分け、それぞれの投資方法の一例を解説していきます。

20~30代は、積極的に積み立てる投資を

 「結婚」「子育て」「住宅購入」が20~30代のライフステージでは大きな影響を持ちます。何かと物入りで手持ちの資産を投資に回す余裕はないように思われますが、実は子どもがまだ小さいこの時期こそ、積極的に積み立て型の投資を行うタイミングといえます。

 例えば、35歳から60歳までの25年間、毎月2万円を投資信託で積み立てていくとします。元本の600万円に対しての年率利回りが、
・ 3%なら、286万9,897円
・ 5%では、571万4,690円

というリターンを得ることができます。利回り1%にも及ばない預貯金と比べていかがでしょうか。

 ここでさらに考えたいのは目的別の運用方法です。結婚や住宅購入のお金は、まとまった額で必要となるので、元本割れリスクの少ない投資商品を選びます。教育費は、進学時にはある程度が必要になるものの、子どもの現在の年齢によっては急がなくてもよいケースもあります。さらに老後に向けた蓄えは、時間がたっぷりありますので、今は思い切ってハイリスクハイリターンで運用するのも一案です。

 一方、こうしたライフイベントを選択しない場合にも、転職や起業、留学、予期せぬ病気やケガによって、まとまった額が必要になることがあります。ハイリスクハイリターンな商品に堅実な投資商品も組み合わせることがリスクヘッジとなります。

教育、ローンに踏ん張る40~50代。苦しい中でもコツコツと

 子どもが高校、大学と進学し、教育費が家計を逼迫する40~50代。さらに住宅ローンの返済が残っているご家庭も多く、投資にお金を回すには苦しい時期です。しかし、ここで少しずつでも投資活動を維持しておくと、徐々に現実味を帯びてくる退職後の生活に対する不安も解消できます。

 教育費のゴールはみえてきますが、住宅ローンのゴールはかなり先という状況の下、リタイアまでの時間も少ないので保守的な利回りでポートフォリオを組むのが賢明です。将来のリスクとなる住宅ローンに投資で生まれた運用益を充て、負担額を少しでも減らすという方法もあります。

 また、生命保険の見直しも検討したほうがいいでしょう。本当に必要な保障は何かを考え、死亡保障タイプから医療保障タイプへ切り替えることも考えてみてはいかがでしょうか。

60代からはこれまでの貯蓄を積極的に運用

 入ってくるお金がなくなり、この先の資産形成に不安を覚える時期かもしれません。しかし、老後を心配しすぎてコツコツ蓄えてきた資産をガッチリ守ったり、投資で得た運用益を低金利の預貯金へ移したりするのは、資産運用の面からみると逆に機会損失といえます。60代に入ったら、まずは自分のためにお金を使い、セカンドライフをアクティブに過ごしましょう。

 お金を使いやすい状態で持つため、キャッシュフローを意識したポートフォリオを組みましょう。年金への補てん分を考えつつ、セカンドライフへ活用する資産運用が望まれます。

 年代別で投資方法を大きく捉えてきました。しかし、最適な投資方法は一人ひとり異なるものです。予期せぬ出来事も起こるでしょう。何でも相談できて適切なアドバイスを受けられ、長く付き合えるプロに出会うことが、投資における最大のリスクヘッジといえるかもしれません。

>> まずは資産運用の相談相手を見つける

【人気記事】
IFAになるには?証券会社選びなど3つのポイント!
資産運用の専門家にアドバイスをもらう時に大切な4つのコツ
大切なお金のトータルアドバイザーIFAをご存知ですか?
IFA利用の基礎知識!ネット証券会社でも対面窓口が利用できる?
IFAとはネット時代の新しい資産運用!注目のIFAについて解説!