Home > マネーの基本 > 年金制度「iDeCo(イデコ)」とは何か? 改めて理解しよう

年金制度「iDeCo(イデコ)」とは何か? 改めて理解しよう

散らばる1万円札の上にあるFAQのロゴ
(写真=PIXTA)
2016年9月、個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました。本制度は法改正により2017年1月から、60歳未満であればほとんどの人が加入できるようになります。注目度や関心は高まる一方で、制度を複雑に感じる方もいるのではないでしょうか。企業型と個人型の違いや掛け金の上限など、iDeCoの仕組みについて整理するとメリットやデメリットがみえてきます。

個人型のiDeCo(イデコ)と企業型の違い | 確定拠出年金の仕組み

日本の年金制度は、3階建てに例えられています。1階は国民年金(基礎年金)、2階にあたるのは厚生年金などの公的年金です。そして3階が401k やDCともよばれる確定拠出年金です。任意加入の制度で、自分専用の口座で掛け金を運用し、給付年齢を迎えると加入者自身に給付されます。現在の公的年金のように、年金事務局が加入者から掛け金を集めて、給付者へ支払う制度とは異なります。

iDeCoはiが「個人(individual)」に由来することから分かるとおり、個人型の確定拠出年金です。また、確定拠出年金には「個人型」のほかに「企業型」があります。どちらも運用者は加入者本人ですが、掛け金を出す人(拠出者)や金額の限度などに違いがあります。2016年10月時点での主な特徴を挙げてみましょう。

個人型のiDeCo(イデコ)と「企業型」確定拠出年金の制度

現制度ではiDeCoの対象外となる公務員、専業主婦、企業年金のある会社員も、2017年1月からは対象者となります。掛け金の拠出限度額についても、月額から年額に改正されます。

iDeCo(イデコ)の拠出限度額

>>次ページ iDeCoのメリットは所得税・住民税、運用課税などの税制優遇