FXのレバレッジと証拠金

FXのレバレッジとは?メリット・デメリットと1倍から25倍の計算方法

FXについて調べているとよく目にする「レバレッジ」という言葉ですが、レバレッジについてしっかり理解して説明できる人は少ないのではないでしょうか?

「FXはギャンブルだ!」と言われてしまうのもこのレバレッジをしっかりと理解していないからと言えます。そこで今回はFX初心者でも読めばしっかり理解できる

・レバレッジについて
・レバレッジの計算方法やシミュレーションについて
・レバレッジのメリット・デメリット

読み終わるころには、きっとレバレッジを利用したFX取引も自信をもってやれるはずです!

FXにおけるレバレッジとは?

FXの最大の特徴は、資金が少なくても取引できるという点です。数千円から数万円でも運用することができるのはレバレッジを使ったシステムを利用するからです。

FXでは取引を行う時に取引業者に口座を開設し担保として「証拠金」を預けます。しかし実際にはこの「証拠金」の何倍もの金額を取引できることになります。

この仕組みをレバレッジといいます。

少ない資金で大きな取引ができる

目先の利益だけを追い求め短時間で高レバレッジをかけた取引は大儲けする可能性もあれば、逆に大損する可能性もあります。これでは運任せの「ハイリスク・ハイリターン」で「ギャンブル」同じことですね。

ギャンブルになってしまうと最後には損益が発生してしまうのも仕方がない・・・と言えます。FXは「ハイリスク・ハイリターン」と言われますが、それは高いリターンを求めた結果と言えます。

資産運用と考えれば「ローリスク・ローリターン」な取引を優先するのでFXのレバレッジを使った運用は実はピッタリな方法なんです。ということは低レバレッジで運用していくことが前提になります。

業者によってレバレッジが違う

FXの取引では決められたレバレッジで運用すると思っていませんか?実は業者によって利用できるレバレッジに違いがあります。

資産運用がメインで低レバレッジ運用を予定している人なら〇がおすすめです。こちらは〇なサービスもあるのでFX初心者にピッタリと言えます。

大手FX業者のレバレッジ比較表

レバレッジ1倍で取引して慣れてきたらもう少し高いレバレッジでも運用してみたいなと思いますよね?業者によって利用できるレバレッジが違うので、こちらで一覧表で比較していきましょう。

レバレッジを利用するなら軍資金はいくら必要?

FXでは取引を行う時に取引業者に口座を開設し担保として「証拠金」を預けると説明してきました。しかし実際にはこの「証拠金」の何倍もの金額がレバレッジを使う事で取引できます。

以前レバレッジは100倍など高いリスクで取引することができましたが、現在では最大25倍までと制限されています。ですので10万円の証拠金の場合なら250万円の取引ができるということです。

軍資金10万円で運用した場合のシミュレーション

では実際、軍資金10万円で運用した場合のシミュレーションをしていきましょう!FXではレバレッジを大きくすればするほど利益を生んだ時のリターンは大きくなります。

証拠金が10万円の場合
レバレッジ10倍で取引すると100万円の取引ができます。

1ドル100円の時に取引を開始
1年で10%の利益が出る投資をしたらレバレッジ10倍なら100万円×10% ⇒ 利益は10万円

FXではレバレッジをかけることで元手を増やすことができます。しかも無料で!ならばレバレッジをかけた方がいいですよね。

レバレッジの計算方法

それではレバレッジの計算方法について見ていきましょう!レバレッジの計算ができれば証拠金に対して現在のレートと売買する通貨の数でレバレッジを知ることができます。

レバレッジ = (通貨ペアのレート×取引数量)÷口座への預入資金

通貨ペアのレート・・・取引を行う通貨ペアのレートです。1ドル100円で米ドルを購入する場合は100です。

取引数量・・・売買する通貨の数です。10000通貨を売買する場合には10000です。

口座への預入資金・・・ここでは10万円の軍資金を例にしていきます。

(100×10000)÷ 100000 =10
ですので、レバレッジは10倍になります。

10000通貨の場合、米ドル/円取引の場合には1万ドル単位の取引になります。1万ドルとは日本円で約100万円~120万円です。

しかしFX初心者がいきなり100万円も用意してFXを始めよう!となるカナリ難しいですよね?なんだか急に壁が高くなります。

そこで1000通貨取引ならば1/10の資金で始めまれます。つまり10万円~12万円の証拠金で取引を始められます。

レバレッジ1倍・3倍・5倍

それでは実際にレバレッジを使った運用でどのくらい利益に差がでるのかを見ていきましょう!

1ドル100円の米ドルを
1000ドル買ったとします。

まずは1000ドルのみにとどめた場合、取引の総代金(証拠金)は100円×1000ドル = 10万円です。

■レバレッジ1倍■
1ドル100円の米ドルを1000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金10万円で運用した時、実質レバレッジは1倍です。

■レバレッジ3倍■
1ドル100円の米ドルを3000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金30万円で運用した時、実質レバレッジは3倍です。

■レバレッジ5倍■
1ドル100円の米ドルを5000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金50万円で運用した時、実質レバレッジは5倍です。

実質レバレッジが高い程ハイリスク・ハイリターンな取引になるため、初心者の方は低レバレッジの1倍~5倍で運用を始めることをおすすめします。

レバレッジ1倍~5倍であればマージンコールが発生する値下がり率が広くなります。例えばレバレッジ1倍の場合には1ドル100円の米ドルを1000ドル買って、取引総代金10万円で運用した場合にマージンコールが発生するのは50%の値下がりの時です。

1ドル100円の時の50%のドル安(円高)は50円ということです。まず米ドルが50円になることは、ほぼ考えられません。ですのでレバレッジを抑えることでFX初心者の方でもリスクを回避することができます。

レバレッジ10倍・15倍

■レバレッジ10倍■
1ドル100円の米ドルを10000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金100万円で運用した時、実質レバレッジは10倍です。

■レバレッジ15倍■
1ドル100円の米ドルを15000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金150万円で運用した時、実質レバレッジは15倍です。

初心者の方からするとレバレッジ10倍は高いなと感じるかもしれませんが、レバレッジ10であればマージンコールが発生する値下がり率は1ドル100円の米ドルを10000ドル買って、取引総代金100万円で運用した場合にマージンコールが発生するのは5%の値下がりの時です。

1ドル100円の時の5%のドル安(円高)は95円ということです。1日で5円の円高になることは考えにくいので、レバレッジを低く設定し運用することでリターンは少ないですがリスクは低く抑えることができます。

レバレッジ20倍・25倍

■レバレッジ20倍■
1ドル100円の米ドルを20000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金200万円で運用した時、実質レバレッジは20倍です。

■レバレッジ25倍■
1ドル100円の米ドルを25000ドル買ったとき
業者に10万円を入金して取引総代金250万円で運用した時、実質レバレッジは25倍です。

10万円で250万円の取引を行う事は予想通りにレートが動けば大きな利益を得ることができます。レバレッジ25倍ということは自己資金を25倍に水増しして運用することができるので非常に高いリターンを得る可能性もあります。しかし一方でリスクも非常に高くなることを忘れてはいけません。

業者によってマージンコールの発生比率は違う

業者では、それぞれ決められた時間の為替レートで取引の証拠金維持率を計算しています。この時決められた証拠金維持率よりも下がってしまうとマージンコールが発生します。

証拠金維持率が分かれば、自分が取引できる資金額やレバレッジのかけ方がわかりますね

FXのマージンコールの仕組みと失敗例から学ぶ!ロスカットとの違いについてFXの取引を始めたいけどマージンコールやロスカットって何?よく聞くけどよくわからない・・・そのままでFXの取引をするのは注意が必要です!...

レバレッジのメリット・デメリット

FXの魅力の一つである少ない資金で大きな資金を運用できるレバレッジにはメリットとデメリットがあります。初心者の方は運用を始める前に、しっかりとメリット・デメリットを理解してから始めると「こんなはずじゃなかった!」とならないですよ

メリット

レバレッジのメリットは魅力の一つである

・レバレッジを大きくすれば利益が出た時のリターンは大きい

通常1万円では1万円分の取引しかできませんが、レバレッジを25倍かけた場合には125万円分の取引が行えて資金効率を簡単に高めることができるのはメリットと言えます。

デメリット

ではレバレッジのデメリットはなんでしょうか?

・自分の予想通りに為替変動が動かなかった時に損失もレバレッジの分、大きくなる
・証拠金以上の損失が発生する可能性もある

レバレッジを高く設定すると利益が出ている時は安心ですが、予想とは反対に動いた時預けた以上の損失が発生する恐れがあります。

証拠金では足りず必要な担保力が保てなくなった場合にロスカットが発生します。

FXで初心者が大損しないためにロスカットルールを知って資産を守ろう実際にFXを始めてみようと思っても、最低限の取引ルールを知らないで大損をしたくない!それがFX初心者の本音です。 始めから大きく稼...

FXのレバレッジ取引での主な失敗例

レバレッジはFXで運用する資金を大きな額で用意できない時など少ない資金で大きな利益を得る可能性があるのでとても魅力的です。しかしレバレッジの使い方を間違えて失敗してしまった人もいます!

もっと儲けたい!という欲に負けてしまった

Aさんの場合

Aさんは仕事柄、世界中のニュースや情報をチェックしているので為替変動の情報が入ってくることからFXの取引に興味を持ち始めました。仕事中でもレートを確認することが出来るので取引しやすいと思ったからです。

資金は100万で始めることにしたAさんは大きな利益を期待して出来るだけレバレッジを高く取引したいと思っていました。FXを始める前に勉強家のAさんはレバレッジを高くするとリスクも高くなることをしっかり理解した上で始めました。

米ドル1ドル100円のとき100万円をレバレッジ3倍で運用しようと考えました。30000ドルの買いポジションを持っている時に為替が3円の円安になったら場合には
1ドル103円ですので30000ドル×レバレッジ3倍 9万円の利益になります。

この時Aさんは「もっと儲けたい!」という欲が生まれました。そこでレバレッジを3倍では無く20倍で運用することにしました。

米ドル100円のとき100万円をレバレッジ20倍で運用する場合、200000ドルの買いポジションを持っている時に為替が3円の円安になった場合
200000ドル×レバレッジ20倍 40万円の利益になります。

40万円の利益を出せるように毎月頑張ろう!そう思いレバレッジ20倍で運用を始めたAさんはリスクヘッジをすっかり忘れストップ注文はかけずに運用をし始めました。

毎日仕事で為替相場をチェックできることや、世界中のニュースが入ってくることが自身でもあるAさんは仕事から帰宅後に深夜にFX取引をしていましたが、残業が続いたりするなど次第に毎日の取引画面のチェックを怠ってきました。

そんなある日、大幅な円高のニュースがAさんに入ってきました!Aさんは仕事場から急いでスマホで取引画面を確認しましたが、時すでに遅し・・・Aさんはレバレッジ20倍にしていたことも影響しロスカットされた後でした。

■どうすればよかった?■
AさんはFXの取引前にはレバレッジは高くすることでリターンは大きいがリスクも大きくなることを理解していました。そのためレバレッジを3倍で始めようと考えていましたが、「もっと儲けたい」という気持ちが大きくなりレバレッジを20倍にして取引を始めてしまいました。

大幅な円高もレバレッジ3倍だったら乗り切れた可能性がありロスカットは避けれたかもしれません。

チェックしていない間に大損

Bさんの場合

BさんはFX初心者ですが、為替チェックは常にするなど仕事中でも常に為替レートを気にしながら取引をしています。Bさんはユーロ円の取引を行い、慣れてきたころ正月明けのシーズンオフに長期の海外旅行に行くことにしました。

旅行出発の直前までユーロは緩やかに上昇していました。また評価益もあったために「大丈夫だろう」と安心しきってBさんは旅行に出かけました。

旅行前に1ユーロ132円ほどで20万ユーロを買ったBさんは旅行先にもPCを持っていき為替の動向をチェックするつもりでした。しかし電波の状態があまり良くないこともあり、確認を怠ってしまいました。

旅行中にユーロが下落したことを知ったBさんは慌ててユーロを決済しました。しかしレバレッジを大きくかけていたため、127円ほどで売却しても証拠金は半分以下になってしまいました。

■どうすればよかったの?■
Bさんはユーロで利益を出していたため、旅行前はユーロが下落することを予想していませんでした。また、旅行先でも為替の動向をチェックしようと思っていましたが電話状態が悪いなど、ハプニングにも起こりました。

この時レバレッジを大きくかけていたことも影響し、結果的に大きな損失を出してしました。まず長期間の取引画面を確認できない状態が予想されるときには一度決済を行うなどリスクヘッジが必要です。

また為替変動を意識したレバレッジのかけ方が重要になります。レバレッジは大きければリターンも大きくなりますがリスクも大きくなることを忘れてはいけません。

海外取引所のレバレッジについて

いままでレバレッジ1倍~25倍の話をしてきました。10万円の資金でも250万円分の取引ができるのはレバレッジ25倍をかけているからです。

初心者の方からすると「高レバレッジ = 怖い!」というイメージを持っているかもしれませんが、レバレッジはしっかり理解すれば高レバレッジの取引も実は怖くないんです。

余裕資金が多ければレバレッジが高い方が有利

例えば21万円の資金がある人が米ドル円の取引の時1ドル100円の時に10000通貨を買った場合、100円×10000通貨 = 1000000 100万円分の買いポジションを持つことになる。
この時レバレッジ25倍だと4万円の証拠金で取引することができる。

レバレッジが5倍の場合には20万円が証拠金として必要になります。21万円の資金に対して20万円の証拠金だと1万円しか余裕資金が無いということになりますね。

1万円ということは米ドル円で1万通貨もっていると1円の変動で上下する金額になります。レバレッジ5倍の口座では1万通貨しか持てない上に1円分の損失にしか許容できないことになり、強制ロスカットが発生するリスクも高くなります。

レバレッジは証拠金に対するポジションの比率にすぎません。低い程相場が予想と反対に動いた時に強制ロスカットが起こる可能性が高まり、高い程含み損をかかえたままでも継続できるという違いにしかすぎません。

レバレッジを低くするだけで安全な取引ができるわけでは無いことも知っておく必要があります。

※図解で説明(余剰金に差が出る)

レバレッジが高い!海外取引所

それでは海外取引所の比較を見ていきましょう!

レバレッジは高ければ危険!低ければ安心!というわけでは無いことが分かりましたね。しかしFX取引に慣れていない初心者の方はまず低レバレッジの取引から始め慣れたら徐々にレバレッジを高くしていくことをおすすめします

まとめ

レバレッジについて分かりやすく解説してきました。業者によって利用できるレバレッジやマージンコール発生比率が違うので、自分にあった業者を選ぶことも大切ですね!

FXをハイリスク・ハイリターンのギャンブルではなく、資産運用のひとつとして考えるなら自分にあった取引方法で無理の無い運用をしていくことが大切です。

この時、紹介した失敗例も参考に、どんな時に何を気を付けるかを忘れないことも大切です。

こちらの記事もおすすめ!
注文方法

トレール注文をマスターして初心者も損をしない!デメリットを理解して勝つ方法

2019年8月6日
FXの自動売買ツールを自作して【1000万運用中】儲かるか検証!
色々な注文方法がありますが、損益を最小限に抑え利益を最大限に伸ばせる「トレール注文」を知っていますか?トレール注文は逆指値注文の応用編になる …